MENU

【効果比較】リライブシャツとワークマンのリカバリーウェア「メディヒール」の違い

悩む人

「リライブシャツとワークマンのメディヒールのどっちがいいんだろう。効果に違いがあれば教えて欲しいなぁ。」

このような悩みを解決します。

リライブシャツとワークマンのメディヒールは似たような商品に見えるのに、リライブシャツはかなり値段が高い。「なにが違うの?」と思いますよね。

としき

そこで筆者はリライブシャツとワークマンのメディヒールを両方とも使いました。今ではリライブシャツを愛用しています。

この記事では、どちらも使った筆者がリライブシャツとワークマンの「メディヒール」の違いを解説します。

リライブシャツを買ったほうがいいのか、それともワークマンを使ったほうがいいのか結論を出したいと思います。

商品選びで失敗したくないひとは、ぜひ最後までチェックして、損しないようにしてくださいね。

目次

リライブシャツとワークマンのメディヒールの違いを比較

リライブシャツとワークマンのメディヒールの違いを比較

リライブシャツとワークマンのメディヒールは、どちらもリカバリーウェアといわれる疲労回復を目的とした衣類です。

リライブシャツとワークマンのメディヒールってどんな商品なの?という人もいると思うので、かんたんに基本情報を整理しました。

スクロールできます
リライブシャツメディヒール
製造元株式会社りらいぶ株式会社 ワークマン
医療機器製造業登録
対応用途Tシャツ(半袖長袖)
スパッツ
パンツ
アイマスク
キャップ
ゴルフウェア
Tシャツ(半袖長袖)
スウェット
ルームウェア
タイツ
値段/税込み7,700円~1,280円~
効果血行促進
疲労軽減
筋肉の疲労の軽減
腕の可動域が拡大
筋肉の柔軟性が向上
ジャンプ力
握力向上
血行促進
疲労軽減
筋肉のハリ・コリの緩和
筋肉の疲れを軽減
悩む人

リライブシャツの値段が高いこと以外にはあまりわからない。一番大事な効果はどう違うの?

としき

リライブシャツはカラダの不調を抱える場所のリカバリーにも効果を発揮する点が、メディヒールとは違うところ。

腰や肩に不調を抱えるひと向けなのはリライブシャツなんです。

対してメディヒールは疲労軽減や筋肉の回復のみを対象にした商品となっています。

リライブシャツとワークマンのメディヒールをさらにこまかく比較したいと思います。

値段

リライブシャツとワークマンのメディヒールの主要製品の値段比較は下記表のとおりです。

リライブシャツ
リライブシャツ(ポリエステル)8,800円
リライブシャツ(綿)7,700円
リライブパンツ7,700円
リライブスパッツ13,200円
リライブキャップ3,520円
リライブ アイマスク5,720円
ワークマン メディヒール
リカバリールームシャツ1280円
リカバリー 長袖シャツ1,500円

ワークマンは1,000円ちょいとかなり手頃な一方で、リライブシャツは最低でも7,700円とすこし気合をいれないと買えない価格になっています。

としき

値段が高いのは商品の価値、つまりリカバリー力が高いからだとも言えます。

実際この価格で15万着以上売れて、リピートするひとも多い訳なので。

効果

リライブシャツとメディヒールの効果の違いは下記の通りです。

項目リライブシャツメディヒール
血行促進
疲労軽減
筋肉の疲労・ハリ・コリの緩和
腕の可動域が拡大
筋肉の柔軟性が向上
ジャンプ力・握力向上

血行の促進や疲労の軽減を目指した商品である点は同じになっています。一方で筋肉の可動域や柔軟性の向上などの効果はリライブシャツにしかありません

第三者機関での検証

第三者機関での検証の有無もリライブシャツとワークマンのメディヒールで異なります。

項目リライブシャツメディヒール
第三者機関での検証

リライブシャツは第三者機関で実施された検証(※1)から、明確にシャツを着ることで効果が出ていることが確認されています。一方でメディヒールは第三者機関での検証結果を見ることはできませんでした。

※1:リライブシャツの検証内容:リライブシャツ・パンツ着用群と、効果を付加されていないプラセボのシャツ・パンツの着用群が比較評価され、明確に差が出たことが確認されていた。

利用者の口コミ

リライブシャツとワークマンのメディヒールの口コミをそれぞれ比較していきます。

リライブシャツの効果を感じている人たちの口コミです。リライブシャツによって生活が楽になったひとは普段使いできるように買い増していく人が多いんですよね。

としき

ですがなかにはリライブシャツに効果を感じない人もいます。

そのあたりは買ってみないとわかりませんね。

ワークマンのメディヒールは効果を感じているひともいるものの、「暖かい」「着心地がいい」のような口コミが多くありました。疲労軽減の効果を感じるのが、なかなかむずかしいからかもしれませんね。

リライブシャツとワークマンのメディヒールのどっちがおすすめ?

リライブシャツとワークマンのメディヒールのどっちがおすすめ?
悩む人

ボクはリライブシャツとワークマンのメディヒールのどっちを使えばいいの?

このように悩むと思いますので、あなたがどちらを選ぶべきかを解説します。

【効果検証済】カラダに不調・疲労があるなら「リライブシャツ」

カラダ(腰や足)に不調の改善をしたいならリライブシャツがおすすめ

その理由は、リライブシャツは第三者機関で効果が検証されていて、不調の改善が期待できるからです。

具体的には、下記項目でリライブシャツの効果は検証されています。

効果があった項目
  • 血流速度
  • 腕可動域(右・左)
  • 腰筋高度(右・左)
  • 前屈
  • ジャンプ力
  • 握力(右・左)
  • 背筋力
  • 持ち上げ高さ
としき

不調の回復を目的とするなら、リライブシャツが間違いありませんね。

疲労回復やウォームウェアなら「メディヒール」

疲労回復やカラダを温めるウォームウェアとしてなら、メディヒールがおすすめです。

メディヒールはカラダの熱をとどめる仕組みなので、ウォームウェアとして効果を発揮するからです。

ルームウェアとして使っているひとも多いので、パジャマ的な使い方でついでに疲労回復もあればいいな、と思っているひとはワークマンのメディヒールで十分。

としき

リライブシャツとは異なり、不調の改善にはあまり効果が期待できないかもしれないので注意しましょうね。

【検証】リライブシャツとワークマンのメディヒールをどっちも着てみた感想

最後に筆者がリライブシャツとワークマンのメディヒールを両方とも使ってみた感想を紹介します。

としき

結果からいうと、リライブシャツの効果を実感したので、リライブシャツを愛用しています。

すでにリピ買いして常に着ている状態(笑)

リライブシャツは体が軽くなる、腰痛が緩和、集中力も向上(!?)

まずリライブシャツを着て感じる効果は下記のとおりになります。

感じた効果
  • カラダが軽くなる
  • 腰痛の緩和
  • 夜起きなくなった
  • 集中力が向上した(!?)

あくまでも主観ですが、腰痛に効果を感じたのは大きかったですね。あとは気のせいかもしれませんが集中力が高くなり、長時間の作業も集中してできている感じもあったのも収穫でした。

シャツに練り込まれている下の模様が力を発揮しているんだと思います!

メディヒールは暖かくなるが、疲労回復はわからない

メディヒールも着てみて、普通によい部屋着、下着だと思いました。この安い値段でかなり暖かいし着心地も良かったので。

としき

とはいえ、疲労感の回復やその他の効果は感じませんでしたね・・。

あくまで安価な下着、部屋着としての用途だけかなと。

まとめ

この記事ではリライブシャツとワークマンのメディヒールを比較しました。

リライブシャツはカラダの不調の改善に効果を発揮し、ワークマンのメディヒールはカラダを温める効果があるとわかったのではないでしょうか。

としき

私は腰痛があるのでリライブシャツを愛用しています。

とはいえすこしお高めの商品なので、あなたが苦しんでいることがある場合にだけ使ってみるのがいいと思います。

なおAmazonや楽天の公式ショップで買えば、効果を感じない場合に返品もできるので安心ですよ。

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【経歴】
32歳男。メーカー勤務研究者。普段から研究論文を読んでいる。

【リライブシャツとの出会い】
当初はシャツを着るだけで、身体能力が上がるリライブシャツが信じられませんでした。そこからリライブシャツの特許や論文を読み込み、少し信用するようになり、初めてリライブシャツを購入。今ではリライブシャツの愛用者です。

目次